僕が焼肉屋を始めた理由


今年の3月から百伝とは別に焼肉屋を始めました。

赤身焼肉 あかつき 高円寺店

文字通りの赤身肉が中心の焼肉屋です。

なぜ焼肉屋を始めたのか、

この角度から弊社の新店についてのお話をさせて頂きます。

誰もが美味しいと思う料理メニューへの憧れ



飲み屋が繁盛するための絶対条件みたいに言われていることのひとつに、

❝ ウリとなる商品を作る ❞

というのがあります。

お客さんの9割が必ず注文する商品であれば…なんて言われたりしますが、

これに当てはまるお店は全体の何割でしょうか。

文章に起こすのは簡単ですが実際は非常に難しいことなんです。

仮に当てはまったとしてもそれが直接集客に繋がる商品かと問われると

なお難しいです。

何が言いたいかというと、

多くの方がそれが食べたくてその飲み屋に行く商品を生み出すことは、

本当に難しいんですよということです。

百伝では「黒豚料理」をメインに置いていますが、

味は問題ないと思いますが、この商品が集客に直結しているかと言われると、

答えはNOです。

また、ご来店するお客様が常に黒豚を食べたいかというとそうでもないです。

そんな僕には「絶対的な商品への憧れ」というものが常にありました。

質の良いお肉を焼いて食べるという業態の焼肉屋はある意味で

「お客さんを裏切らない」です。

もちろん、お店独自のタレとか言い出したらキリがないんですけどね…。


今回はイチから作り上げたお店ではなく、

吉祥寺に本店を構える焼肉屋の2号店を弊社で出資したフランチャイズの形となります。

自分のお店だからということを抜きにしても、

「あかつき」はめちゃくちゃ美味しいですよ!

是非一度お試し頂きたいです。

何よりも大切な百伝を継続していくために



コロナ禍で今後の経営に不安を感じた飲食店オーナーさんは少なくないと思います。

僕もその一人です。

自分の好きなことで生計を立てることの厳しさは分かっていたつもりでしたが、

ここに来てそれを強く感じました。


そうですね…

百伝というお店は(今は武蔵関ですが)2010年に中野で僕が立ち上げた、

今のところ僕の全てと言っても過言ではないお店です。

この間で業態を変更することも一瞬考えましたが、

良いか悪いかは別として、

僕はこの店を諦めることはできません。

初心は今も僕の支えです。

❝ 100人の方に本格焼酎の造り手さんの想いを伝えたい ❞

これが本当に実現したら世の中に何かしらの変化が起こると僕は本気で思っています。

まだ到達してないんですよね。

まだこの店は終われないんですよ。

ここで諦めたら応援してくださっているお客様、

本格焼酎の蔵元さん、

そして何より、

頑張ってきた過去の自分に申し訳ないです。

だからまだ頑張ります。必ずこの店を一人前の店にし、

大好きな本格焼酎で生計を立ててみせます。


ただ、現状を冷静に見つめると百伝だけでは会社の経営的には厳しいです。

別業態のお店の力を借りてこの店を補っていくという決断をしました。

これがもう一つの理由です。

信用も信頼もできるこの世で唯一の人



最後の理由が一番大きいですね。

「あかつき」を立ち上げたのは僕の高校時代からの友人です。

彼が社長だから僕は決断できました。

普通フランチャイズと言ったら出資も人材もこっちが負うものです。

今回は出資のみで人材は彼の会社から出ていますので運営全般を彼の会社が行っています。

あまりない業務委託の形です。

ちなみにこの委託形態は余程の信頼関係がなければできません。

飲食店経営は金勘定ではなく、

日々の営業が全てです。

それを別会社に任せるというのは正気の沙汰ではありません(笑)

(税理士さんからは止められましたね…)

ただ、僕の百伝への想いを包み隠さず話し、

現状を理解してくれ、

彼は力を貸してくれました。


彼には今までに3回同じ問いかけをしました。

一度目は、初めてこの企画を話していた時。

二度目は、物件の契約日の前日。

三度目は、オープン日の前日。

それは、

「今回の新店が原因で友人関係が崩れるようならおれはやらないし、いつでも辞めるよ」

というものでした。

自分自身にも言い聞かせているようでもありましたが、

彼は僕の全ての問いに、

「大丈夫、おれも同じだから」

と応えてくれました。

互いに何度も自問自答するように進めてきた今回のお店の立ち上げ、

必ず成功させたいですね。


百伝とは少し違った角度からお店を見ています。

今までずっとバカやって、

ずっと飲食という土俵で頑張ってきた友人と必ず成功させ、

今まで通り、それ以上の美味い酒が飲みたい。

そんなモチベーションが僕にもたぶん彼にもあります。

他の誰かだったら間違いなくやっていませんでした。

ものすごい長い年月、彼との間にあったひとつひとつが、

大きな決断へと繋がったと僕は考えています。

最後に



何で鈴木が焼肉屋?

と思われた方が多かったのでこの場でちゃんとお伝えしようと思いました。

日々の僕の業務はほぼ百伝なので生活自体に大きな変化はありませんが、

あかつきも百伝も頑張って行きます!

ちょっと贅沢したいなってときは是非あかつきをご利用くださいませ!!

僕はこの世で一番の焼肉屋だと思っています。


グラボト【本格焼酎販売店】

 

 

老舗蔵元が当店のためだけに造ってくださった ❝ ここにしかない本格焼酎 ❞ です。

酒質は、私鈴木が保証いたします!!

 

是非、サイトもご覧ください ☟☟☟


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です